土地のみを購入する場合に住宅ローンは使えるのかについて解説

不動産コラム

物件検索はこちらをクリック↓


♪川崎市の物件はこちら♪

♪横浜市の物件はこちら♪

土地のみを購入する場合に住宅ローンは使えるのかについて解説

不動産を購入する際に住宅ローンを利用する方が多くいらっしゃいます。
住宅ローンとは、新築・中古を問わず、自分が住む住宅の購入資金として借りる金融商品です。
そのため、注文住宅の場合や土地のみを購入する際に住宅ローンが利用できるのか不安になる方もいるでしょう。
ここでは、土地のみの購入でも住宅ローンが使えるのか、土地を購入する際のローンと流れ、注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地のみ購入に住宅ローンは使えるの?

土地のみの購入は住宅ローンは使えると思われがちですが、結論として使えません。
住宅ローンは生活に必要不可欠な住宅を建築するためとあり、土地の購入は生活には必要ないものに含まれます。
そのため、注文住宅建築の際に土地を先に購入する場合は、土地先行融資またはつなぎ融資が使えます。
つなぎ融資とは、その名のとおり住宅ローンが融資されるまでの費用をローンでまかなうことです。
融資のタイミングは土地の購入時、建物の着工費用、中間費用となっています。
住宅ローン融資されたときに返済するのが一般的です。
一方土地先行融資とは、土地を購入したときと建物の引き渡し時の2回のみの仕組みとなっており、別名2本立てローンと呼ばれています。

土地を購入する際のローン利用の流れとは?

ローンを利用するための流れは、はじめに国が共有する資料をもとに土地の評価額を確認をおこないます。
土地の評価方法は公示地価・路線価・固定資産税評価額・基準地価の4種類です。
そのあと、購入意思を売主に伝え、買付証明書の提出をおこないます。
なお、正式な売買契約書ではないためキャンセルが可能な状態です。
次に、ローン事前審査を申し込み、通過した場合に売買契約を交わします。
事前審査が必要な理由は融資額を把握するためです。
なお、建築する建物の図面や見積もり書の提示が一般的に求められます。

土地を購入する際のローン利用の注意点とは?

注意点は、住宅ローン以外のローンは住宅ローン控除の対象外であることです。
また、通常のローン利用のため金利が優遇されず、高いと言えます。
そのためつなぎ融資や土地先行融資の金利には注意しましょう。
また、土地の購入のリサーチを忘れてはいけません。
理想の建物が建築できるのか、建築基準法や都市計画法による制限はないかなど情報確認をおこないましょう。

まとめ

土地の購入には、ローンが使えるかどうかですが使えません。
そのため、ほかの土地先行融資やつなぎ融資を利用する必要があります。
なお、金利優遇がなく、金融機関も限られているケースがありますので注意しましょう。
株式会社アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る