不動産購入時に利用できるローンの種類とは?選ぶポイントも解説!

不動産コラム

物件検索はこちらをクリック↓


♪川崎市の物件はこちら♪

♪横浜市の物件はこちら♪

不動産購入時に利用できるローンの種類とは?選ぶポイントも解説!

不動産購入時には住宅ローンを利用される方がほとんどではないでしょうか。
住宅ローンにはさまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴を持っているので、慎重に選ぶことをおすすめします。
今回は、不動産購入時に利用できる住宅ローンの種類や選ぶポイント、金利プランについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時に利用できる住宅ローンの種類

住宅ローンと聞いてまず思い付くのが、銀行や信用金庫などが扱う民間融資ではないでしょうか。
不動産会社やハウスメーカーによっては金融機関と提携したローンを用意しているケースもあるため、確認することをおすすめします。
また、国や自治体などの公的機関が融資する公的融資には、財形貯蓄をおこなっている方が利用できる財形融資や、内容が自治体ごとに異なる自治体融資があります。
そして、民間融資と公的融資の中間的な位置にあるのが協調融資です。
借り入れ時の金利が変わらないことが特徴の「フラット35」は協調融資に当てはまります。

不動産購入時に利用するローンを選ぶポイント

不動産購入時にどの住宅ローンを利用するかについては、慎重に考える必要があります。
住宅ローンを選ぶ際のポイントは、金利や返済方法・返済期間などです。
将来のライフプランを立てたうえで収入と収支のシミュレーションをおこない、住宅ローンの返済が家計を圧迫することがないように考えていくことをおすすめします。
しかし、住宅ローンは選択肢が多いのですべての特徴を比較するのが難しく、手間や時間がかかる可能性が高いでしょう。
そのため、金融機関への相談も活用しながら、自分に合ったものを選んでいくのがおすすめです。

不動産購入時に利用できる住宅ローンの金利プラン

住宅ローンを選ぶ際には、金利プラン選びも重要なポイントになります。
最初に決めた金利が返済期間中に変わらないのが「全期間固定金利型」で、将来のライフプランが立てやすいことがメリットです。
このタイプだと「フラット35」が代表的ですが、銀行によっては独自のローンを用意しているところもあります。
次に、半年ごとに金利の見直しがおこなわれるのが「変動金利型」です。
途中で金利が上がるリスクはありますが、全期間固定金利型に比べて最初の金利が低めに設定されています。
さらに、金利が変動しない期間を選択できる「固定期間選択型」もあるので、慎重に検討すると良いでしょう。

まとめ

不動産購入時に利用できる住宅ローンには、民間融資や公的融資などさまざまな種類があります。
金利プランも含めてどのようなものを選択すれば良いのかは人によって異なるため、金融機関への相談も活用しながら慎重に検討すると良いでしょう。
川崎駅周辺で不動産物件をお探しなら、株式会社アイナハウジングお任せください!
ぜひ、弊社へお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る