ペット可賃貸物件でも気をつけたい!臭いの原因と対策をご紹介

不動産コラム

犬や猫などの大事なペットと暮らすことができるペット可の賃貸物件ですが、ペットの臭いが原因で近隣トラブルになることもあります。


安心してペットが飼えるペット可の賃貸物件を見つけたのですから、トラブルなく住みたいですよね。


こちらの記事では、賃貸物件をお探しの方に向けて、ペット可物件でも気をつけたいペットの臭いについて原因と対策をお伝えします。


ペット


ペット可賃貸物件でのトラブルのもと?臭いの原因とは?


ペット可の物件とは、ペットの飼育が許可されている賃貸物件のことです。


ペット可の賃貸物件と一口に言っても、犬はOKで猫は不可の場合や小型犬に限るなどいろいろと細かな条件はあります。


またペット共生住宅と呼ばれる、ペットと一緒に住むことを前提に作られた賃貸物件もあります。


ペット共生住宅はペット好きな方が多く、住民同士の理解が得られやすいなどのメリットもあります。


このように犬や猫と安心して一緒に住めるペット可賃貸物件ですが、近隣の方に迷惑をかけないように責任を持って飼育するのが大切です。


ペットの近隣トラブルとして、騒音や衛生問題の他に臭いがあります。


ペットの臭いの原因には大きく分けると、「ペット自身の体臭」と「排泄物の臭い」です。


室内飼いのペットはトイレを部屋のなかに設置するので、排出物の臭いは部屋に染み付いてしまいます。


ペットの体臭は動物の種類によっても異なりますが、飼い主は慣れてしまって気がつかないことも多いです。


ペット可賃貸物件でのトラブルのもと?臭いの対策とは?


ペットの臭いの原因は、ペット自身の体臭と排泄物の臭いがあります。


体臭は体を定期的に拭き、シャンプーやトリミングで清潔を保つことで改善されます。


口臭対策には歯磨きを毎日するのも大切ですが、嫌がる場合はデンタルケアのできるおもちゃなどを使うと良いでしょう。


排泄物の臭いは、犬の場合散歩へ行くと室内での排泄が少なるため、1日に数回なるべく同じ時間に行くことで解決できます。


猫の場合は、猫砂を定期的に変えてみるのもおすすめです。


室内犬や猫の場合、ペット用消臭剤や脱臭機能のある空気清浄機もおすすめです。


また、ペット用トイレは定期的に洗い、洗ったトイレを天日干しにするのも効果的ですよ。


まとめ


今回は賃貸物件でのお住まいをお探しの方に、ペット可物件でも気をつけたいペットの臭いについて原因と対策をお伝えしました。


ペットの臭いは長年一緒に暮らしていると慣れてしまって気がつかないことも多いですが、第三者にとっては不快に感じることも多いでしょう。


ペット可賃貸物件であっても、ペットの臭いでトラブルになることは多いので、臭いの原因を知って対策をしっかりおこないましょう。


アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。

 

新築一戸建て・建売住宅に関するご相談も、ぜひ当社までお問合わせください

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る