新築一戸建てを購入するなら!知っておきたい浮床工法のこと

不動産コラム

あなたは浮床工法(うきゆかこうほう)という言葉を聞いたことはありますか?

 

新築一戸建ての購入を考えている方には、ぜひ知っておいてほしい建築用語のひとつです。

 

ここでは浮床工法とは何なのか、新築一戸建てで浮床工法にするメリットはなにかといったことについて解説していきます。



浮床工法 遮音性


新築一戸建てに導入したい浮床工法とは


浮床工法とは、床の遮音性を高くするための工法のひとつです。

 

もちろん、実際に床が浮いているわけではありません。

 

この工法は鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の建物に用いられ、床の構造体と内装床との間に緩衝材を入れることで、他の部屋に音や振動が伝わるのを防ぐというものです。

 

つまり、構造体と床部分が物理的に離れているため、その状態を「浮いた床」と表現した名称となります。

 

具体的には、コンクリートスラブとフローリングの間に、緩衝材の防振ゴム・グラスウール・ロックウールなどを挟み込みます。

 

このような二重床工法には、根太床工法や置き床工法といったものもありますが、これらと比べても浮床工法は遮音性に優れているとされています。

 

その代わり、他の工法よりコストが高くなる傾向にあります。

 

新築一戸建てで浮床工法を採用するメリットとは?


新築一戸建てで浮床工法を採用するメリットは、すでにお伝えしているように、ずばり防音と防振です。

 

一戸建てはマンションと比べてそこまで騒音に敏感になる必要はありませんが、足音などの生活音は家族間でも意外と気になるものです。

 

せっかくイチから手を加えられる新築一戸建てですから、家族みんなが快適に暮らすためにできることはしておきたいですよね。

 

ただ、だからと言ってすべての部屋を浮床工法にする必要はありません。

 

騒音が考えられる部屋を浮床にする方法や、なるべく騒音を遮断したい部屋を浮床にする方法があります。

 

子どもたちが走り回るリビングを浮床にするのか、映画や音楽を楽しむシアタールームを浮床にするのか、もしくは静かに眠りたい寝室に取り入れるかご自身の暮らしを具体的にイメージして、よりメリットを感じられる設計を考えてみてくださいね。

 

まとめ


最近は共働き夫婦や両親の高齢化などにより、二世帯住宅を考える方も増えています。

 

生活リズムや習慣が違っていても、家族みんなにとって「マイホーム」が一番居心地のいい場所になるよう、浮床工法を取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。

 

新築一戸建て・建売住宅に関するご相談も、ぜひ当社までお問合わせください

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る