新築一戸建てでトイレに手洗いカウンターを設置するメリットや費用とは?

不動産コラム

カフェや美容院に行ったとき、お手洗いを借りると、個室トイレのなかにオシャレな手洗いカウンターが備え付けられていることに気がつくことでしょう。


近年ではお店のトイレにあるような便利で使いやすい手洗いカウンターを、マイホームのトイレにも設置する家庭が増えています。


この記事では新築一戸建ての家を購入しようと考えている方に向けて、トイレに手洗いカウンターを設置するメリットや費用についてご紹介します。


手洗いカウンター


新築一戸建てでトイレに手洗いカウンターを設置するメリット


新築一戸建てのトイレに手洗いカウンターを備え付けるメリットは主に3つあります。


①来客にトイレを貸した際に毎回洗面所に案内しなくてもよい


お客さんが来る度に洗面所の片付けをする必要がなくなり、子どもが部活から帰ってくる時間に来客がかぶっていても、風呂場ではち合わせになる心配をする必要がありません。


②手が洗いやすくなるため、ドアノブや家具が汚れる心配を減らせる


トイレのなかで手が洗えるため、手洗いを面倒くさがる子どもにもきちんと手を洗うよう注意しやすくなるでしょう。


③2階での水道確保に重宝すること


新築一戸建てを2階建てにする場合、リビングやキッチンは1階に集約する場合がほとんどです。


そのためリビングのない2階では、トイレの手洗いカウンターが唯一の水道となるでしょう。


2階の掃除や加湿器の給水のたびに階を降りるのは大変です。


とくに貯水タンクや掃除のバケツを持ったままの上り下りは、年齢を重ねてからは足腰にもあまり優しくないため、手洗いカウンターが重宝するでしょう。


新築一戸建てでトイレに手洗いカウンターを設置する際の費用


新築一戸建てのトイレに手洗いカウンターを設置する費用は、カウンターの大きさやデザイン、メーカーによって異なりますがおよそ10万円から15万円程度が相場となっています。


手洗いカウンターのほかにキャビネットを付けたり、壁の穴開けやクロスの張り替え工事などが必要になる場合は、追加料金が発生する可能性もあります。


また新築一戸建てにトイレが複数あるため、そのすべてに手洗いカウンターを付けたいとなると、費用は2倍3倍と高くなってしまうので注意が必要です。


手洗いカウンターは後から取替え工事も可能なので、新築時に金銭的な余裕がない場合はそちらも視野に入れておくことをオススメします。


まとめ


手洗いカウンターは設置に15万円ほどかかってしまいますが、生活するうえでの利便性は向上します。


とくに来客が多い家庭や子どもがいる家庭にとってはメリットが大きいので、ぜひチェックしてみてくださいね。


アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。

 

新築一戸建て・建売住宅に関するご相談も、ぜひ当社までお問合わせください

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る