住宅ローンの新しい形・「親子リレー返済」で一戸建て購入

不動産コラム

近年、日本の都心部を中心に、土地の価格も住宅資材の価格も高騰する一方です。

 

憧れのマイホームを手に入れたいけど、最後に値段を見てあきらめてしまう…。

 

返済の負担を考えると、今の時代はシングルインカムで住宅ローンの完済を考えることは、難しくなってきているようです。

 住宅ローンの返済


「親子リレー返済」なら、マイホーム購入も夢じゃない?


今は夫婦共働きで、お互いの年収を合計して住宅ローンを返済している家庭もとても多いです。

 

この収入合算は、夫と妻でなくても、親子という形での合算をすることもできます。

 

それを「親子リレー返済」といいます。

 

やはり住宅ローンを組む際に一番大切なのは、世帯の年収と年齢です。

 

息子や娘世代があくせく働いて住宅ローンを返済していくよりも、親世代がまだまだ現役で働いているのであれば、やはり親子で合算収入としてローンを返済していくことが、それぞれの負担減にもなり、理想的でしょう。

 

「フラット35」の親子リレー返済とは?

 

ここでは、親子リレー返済を取り扱っている、住宅金融支援機構の「フラット35」の案件内容を見てみます。

 

親の年齢が高齢であると、単独でローンを申し込むことは難しくなってしまいます。

 

そこで、「フラット35」の要件に合った「子」を後継者として、親子リレー返済を組みます。

 

〇「親」の年齢が申し込みの時に満70歳未満であること。

 

〇「親」である申し込み者の後継者である「子」に、一定の年収があること。

 

〇「子」が「親」の連帯債務者となること。

 住宅ローンの返済


親子リレー返済は、団体信用生命保険の加入が義務となる

 

親子が現役で働き、一定の収入があるおかげで住宅ローンの返済も順調。

 

しかし、やはり将来は親の年齢や健康が気になってきます。

 

フラット35のローンを組む際、団体信用生命保険の加入が義務付けられています。

 

これは、加入者が死亡した際や身体に障害を持った場合、住宅ローンの返済が不要になるものです。

 

親子リレー返済の場合、この生命保険の加入者はどちらか一人となりますが、仮に親が加入したら、親が満80歳の誕生日を迎えた日の末日までが有効となります。

 

その後は、連帯債務者である子が加入することができますが、子の年齢が満70歳未満であることや、健康面でも要件をクリアしなければいけません。

 

万が一、子が健康上の理由などでこの保険に加入ができずに、その後死亡してしまったら、住宅ローンはそのまま残り、返済していかなければいけません。

 

まとめ

 

はじめは親子の合算収入で住宅ローンの返済をしていき、その後は子が残りのローンの返済をしてゆく。

 

こういった親子リレー返済はここ最近でとても増えています。

 

しかし、やはり親も子のローンの完済を無事にするためにも、共にいつまでも健康で働けるうちはしっかりと働いて、少しでも多くローンを返済していくことが望ましいでしょう。

 

私共アイナハウジングでは、川崎・横浜エリアを中心に一戸建て物件からマンションなど、こだわりのマイホーム探しをお手伝いしております。

 

不動産探しで何かご不明な点等ございましたら、お気軽に当社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る