【中古マンションの価格交渉】値引きはしてもらえるの?

不動産コラム

マイホーム購入と言えば、何千万円というお金が動くのですから「人生で最大のお買い物」ですよね。

 

それだけに、少しでもお得に購入できるに越したことはありません。

 

「でも、マンション購入で値引きって、お願いしてもいいのかしら?」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は、中古マンション購入では「価格交渉が当たり前」なのです。

 

今回は、どうしたら上手に交渉ができるのか、そのポイントをご紹介します。


中古マンションの価格交渉のポイント①状況を見て


中古マンションの価格交渉


値引き交渉が可能かどうかは、売主の状況によって異なります。

 

売主が売り急いでいない場合、物件価格を高めに設定している事が多く、じっくり買主を待つ覚悟があります。

 

そのため、交渉も難しくなります。

 

一方で売主が「新居を購入したいから、物件をすぐに現金化したい!」と売り急いでいる場合、値引き交渉にも応じてもらえる可能性が高く、お得に購入できる可能性が高まります。

 

交渉には、売主の事情を考えることがキーポイントとなってくるのです。


中古マンションの価格交渉のポイント②値引きしやすいのは


売主の状況以外にも、価格交渉がしやすい物件があります。

 

たとえば、売りに出された中古マンションが大規模マンションだった場合、同じ時期に複数の部屋が売りに出されることがあります。

 

同じような間取りや広さのマンションの場合、安い部屋から売れていく事が多く、売り手に「うちの部屋が売れ残ったらどうしよう」という焦りが出てきます。

 

そんな時「マンション内の別の部屋はこの値段で売りに出されていますが、こちらもこれくらいになりますか」と交渉すれば、値下げをしてくれる可能性が高いでしょう。

 

また、売りに出されてから3カ月以上売れていない物件に関しては、売り手が「価格面を考え直すべき?」と悩み始める頃です。

 

そんなタイミングで価格交渉をすれば、応じてもらえることが多くなります。


中古マンションの価格交渉のポイント③住宅ローンの事前審査

 

買うと意思表示された後で「やっぱりローンが組めなくて、購入は無理です…」となるのは、売り手にとって一番避けたい事。

 

そのため、交渉の際に「住宅ローンの事前審査に通過している」ということは、買う側の本気度を示すうえでも大変役立ちます。

 

交渉でも、売り手が思い切った値引きをしてくれる可能性が高くなります。


中古マンションの価格交渉のポイント④リフォーム


中古マンションの価格交渉


「このマンションが大変気に入りました!ただ一つ、水回りをリフォームしたいので、その分の費用を引いてもらえませんか?」といった具体的な交渉は、売り手にとっても応じやすくなります。

 

そのためには、あらかじめリフォームしたい箇所の見積金額を出しておきましょう。


まとめ


中古マンション購入における価格交渉は、「この値段にしてくれるなら必ず購入する」というはっきりとした意思表示が大切です。

 

本当に手に入れたいマンションが見つかったら、交渉にも恐れずアタックしてみましょう。

 

アイナハウジングでは、川崎区・鶴見区の不動産情報を豊富にご紹介しています


「月々のローン返済を考えると、このくらいの予算で購入をしたい」と

いったリクエストにも、誠心誠意対応しております。

 

お気軽にスタッフまでご相談下さい

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る