洗濯物を干すだけじゃない!戸建て・マンションのベランダ活用法

不動産コラム

野村 朋洋

筆者 野村 朋洋

不動産キャリア17年

生まれも育ちも川崎です。
豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

近年では、マンション・戸建てでもベランダスペースを広くとり、ライフスタイルによって上手に活用しているファミリーが増えています。

ただ洗濯物を干すだけではもったいない、ベランダ・バルコニーの活用法をご紹介します。


戸建て・マンションのベランダ・バルコニーの違い


ベランダ・バルコニーの風景


ベランダとバルコニー、似ているこれら2つの言葉。

「どっちも同じ意味では?」と思っている方も多いでしょうが、実は明確な違いがあるのです。

どちらも建物の外側についていますが、その違いは空間上部に屋根がついているかどうか。

ベランダは屋根がついており、バルコニーには屋根がついていません。

洗濯物を干すなら屋根がついているベランダの方が、突然の雨も防げるので安心出来るでしょう。

 

一方、バルコニーは屋根が無く陽射しを遮るものがありません。

そのため、庭の様な使い方が出来ます。

バルコニーにプランターを複数置いて家庭菜園を楽しんだり、犬小屋を置いてペットを飼ったり…。

それぞれアイデア次第で戸建て・マンションでの生活の楽しみが増えますね。


戸建てのベランダ・バルコニー どんなふうに楽しむ?


バルコニーの風景


家での時間を楽しむファミリーには、ベランダやバルコニーを第2のリビングのように活用するスタイルが人気です。

ベランダ・バルコニーの空間にテーブルやいすを置いて、ブレックファーストやランチ、ティータイムを楽しむ…柔らかな陽射しや風を感じながらの食事は、家族にとって贅沢な時間となるでしょう。

陽射しが強くなるこれからの季節は、シェード(ロールカーテンのような物)で日よけ対策が欠かせません。

シェードの下にビニールプールを出せば、日焼けを気にする事無くお子さんを水遊びさせられますね。

 

また、人工芝をこの空間に敷けば、素足でも歩けてお子さんを遊ばせるスペースとしても適しています。

人工芝は転んでもケガになりにくいうえ、手入れが簡単で虫がつかないのもメリットです。

ただ、人工芝の中には水はけが悪く、苔が生えたり埃が溜まりやすい商品もありますので、排水機能が高く乾きやすい、掃除がしやすい物を選ぶと良いでしょう。

 

ベランダ・バルコニーを楽しむうえで注意したい点は、音が意外と遠くまで響くこと。

盛り上がりすぎると、騒音として近隣からクレームを貰う事になるかもしれません。


まとめ


戸建て・マンションのバルコニー、ベランダの活用法についてご紹介しました。

アイナハウジングでは、川崎・横浜エリアの戸建て・マンションを多数ご紹介しています。

家で家族と過ごす時間を充実させたいという方には、ベランダが広い物件をご紹介いたします。

川崎区にある中古マンションはバルコニーが3面にあり、洗濯物を干すにもガーデニングをするにも適した物件です。

角部屋ですからプライバシーが確保できるうえ、隣戸からの騒音も気になりません。

物件詳細が気になる方は、弊社スタッフまでご相談ください

※今回ご紹介した物件情報は、2018522日現在の情報です。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 一戸建て購入後にメンテナンスをしないとどうなる?家を長持ちさせるコツも解説!の画像

    一戸建て購入後にメンテナンスをしないとどうなる?家を長持ちさせるコツも解説!

    不動産コラム

  • 住宅ローンの共有名義・単独名義とは?それぞれのメリットを解説の画像

    住宅ローンの共有名義・単独名義とは?それぞれのメリットを解説

    不動産コラム

  • 住宅ローンの返済額を減額する方法は?売却を検討するケースも解説の画像

    住宅ローンの返済額を減額する方法は?売却を検討するケースも解説

    不動産コラム

  • 風水的に良い土地とは?悪い土地を購入した際の対策もご紹介の画像

    風水的に良い土地とは?悪い土地を購入した際の対策もご紹介

    不動産コラム

  • 建売住宅の価格が安い理由とは?人件費などの3つの観点から解説!の画像

    建売住宅の価格が安い理由とは?人件費などの3つの観点から解説!

    不動産コラム

  • マンションの1階を購入するメリットは?デメリットと購入のポイントを解説の画像

    マンションの1階を購入するメリットは?デメリットと購入のポイントを解説

    不動産コラム

もっと見る