家の遮音性能を高めたい!防音リノベーションで快適な住まいへ

不動産コラム

楽器演奏が趣味という方や、小さいお子さんがいるご家庭では、いくら戸建て住まいと言えども音が漏れてご近所に迷惑がかかっていないかしら…と不安になる事があるのではないでしょうか。

分譲マンション暮らしだった場合、その心配はより大きなものとなるでしょう。

近隣を気にする事無くのびのび暮らせるマイホームにするには、住まいの遮音性を高める必要があります。

今回は、リノベーションで出来る防音・遮音対策をご紹介します。


防音リノベーション・床をリノベ


遮音性が低い防音リノベーション前の天井


マンションの遮音性を高めるなら、まず手を入れたいのが床でしょう。

マンションの場合、暮らしている人が思っている以上に生活音が床を伝って下の階の住人に伝わっているものです。

子どもが室内を走る音や、夜間に掃除機を掛ける音などに下の階からクレームが入り、騒音トラブルに発展するケースもよく聞かれます。

マンションの音に対する性能は、フローリングの素材や二重床かどうか、床のコンクリートの厚さなどで決まってきます。

そのため、まず行いたいリノベーションは


1.フローリングを一般的な物から遮音対応フローリングに変える…費用相場2030万円

2.二重床でない場合は二重床にする…費用相場4050万円

3.吸音材を敷き詰めたうえにフローリングをする…費用相場4080万円


このいずれかの方法が良いでしょう。


防音リノベーション・壁をリノベ


マンション・戸建てのどちらも壁のリノベーションには、壁に吸音材と遮音シートを入れる方法と、換気口を防音用に変える方法があります。

壁に吸音材と遮音シートを入れる場合、壁の下地に吸音材と遮音シートを貼り、その上に石膏ボードを二重にするとさらに性能がアップします。

費用の相場は20万円前後です。

換気口にも防音タイプがあり、屋外のキャップと換気口を交換すると14,000円ほどかかります。


防音リノベーション・窓をリノベ


遮音性を高めるために二重窓にリノベした窓


外からの騒音は、窓から入ってくることが多くなります。

そのため、窓をリフォームすることでさらに防音性能が高まります。

窓は、音を遮る特殊な中間膜が入っているガラスか、ガラス2枚を合わせた複層ガラスに変更します。

マンションの場合、規約によって窓枠を変更できないため、ガラスのみの変更となるでしょう。

費用の相場は515万円となります。


また、今ある窓に内窓をつけて二重窓に変更する方法もあります。

窓の間に空気の層が出来る事で、防音だけでなく断熱にも効果が期待できます。

費用の相場は715万円です。


まとめ


マンションや戸建ての防音リノベーションについてご紹介しました。

家族のライフスタイルに適した住まいにしたいなら、中古戸建てを購入してリノベーションする方法はいかがでしょうか。

防音を意識した住まいにリノベーションすれば、家族がのびのび暮らせます。

 

アイナハウジングでは、川崎・横浜エリアの不動産をご紹介しております。

鶴見区仲通1丁目の中古戸建ては、周辺に郵便局やスーパーがあり、生活に便利な環境です。

潮田公園や鶴見川にも近いので、ペットと一緒にお散歩するのも楽しそうです。

都内への通勤も可能な鶴見エリアで暮らすなら、弊社スタッフまでご相談ください

※ご紹介した物件情報は、2018516日現在の情報となります。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る