川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 横浜市鶴見区にある鶴見花月園公園が開園!その歴史とは?

横浜市鶴見区にある鶴見花月園公園が開園!その歴史とは?

≪ 前へ|京浜工業地帯にある横浜市鶴見区!その歴史と今を徹底解説!   記事一覧   不動産売却における負動産の問題点と処分方法について解説|次へ ≫
カテゴリ:地域コラム

物件検索はこちらをクリック↓


♪川崎市の物件はこちら♪

♪横浜市の物件はこちら♪

横浜市鶴見区にある鶴見花月園公園が開園!その歴史とは?

横浜市鶴見区に、2021年11月に開園した鶴見花月園公園。
今回は、鶴見花月園公園について、その歴史の流れと施設の様子をお伝えします。
新しい公園ですが、長年に渡ってさまざまな形に変わってきた姿をぜひ知っていただきたいと思っています。
ぜひ最後までお読みください。

弊社へのお問い合わせはこちら

鶴見花月園公園の歴史とは?

元々、鶴見花月園公園があった場所には、「花月園遊園地」という遊園地がありました。
1914年に開園し、日本で最初の児童遊園地となりました。
「東の宝塚」と称された花月園少女歌劇が人気を博し、また1万本の吉野桜を植え桜の名所となったことで、東洋一の大遊園地として知られるようになりました。
しかし、太平洋戦争により荒廃してしまい、1946年に閉園しました。
その跡地に作られたのが「花月園競輪場」です。
1950年に開場した花月園競輪場は、平成に入ると全日本選手権などがおこなわれ、多くの市民に親しまれました。
しかし人気の低迷により、2010年に閉場してしまうことになりました。
そして、その跡地に2021年、鶴見花月園公園が開園することになったのです。

鶴見花月園公園の施設について

それでは、鶴見花月園公園の施設についてご紹介します。
横浜市鶴見区に約40年ぶりにできた大型公園で、総面積は約4.7haを誇ります。
公園は高台にあるので、横浜ベイブリッジやみなとみらいが見渡せ、非常にロケーションの良い公園となっています。
京急線の花月総持寺駅から徒歩5分、JR鶴見駅から徒歩15分の場所にあります。
園内には多目的広場が併設され、さまざまな用途に使用することができます。
水曜日・木曜日は自由利用の日とされていて、月・火・金・土・日・祝日は優先利用枠の設定があります。
優先利用枠の利用については申し込み、利用手続きが必要になります。
詳細は横浜市のHPに記載されているので、詳しくはそちらをご覧ください。
また、園内は自転車の通行が禁止され、降りて通行することが求められているので、安全に遊んだり散歩したりすることができます。
芝生の原っぱや遊具が設置されている広場、健康器具なども備えてあるので、体を動かすには最適の公園であると言えます。

おすすめ物件情報|横浜市鶴見区の戸建一覧

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
遊園地や競輪場など、さまざまな変遷を経て、2021年に開業した鶴見花月園公園。
ロケーションが素晴らしく、運動するのにも最適な公園なので、ぜひ一度訪れてみてください。
アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
新築一戸建て・建売住宅に関するご相談も、ぜひ当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|京浜工業地帯にある横浜市鶴見区!その歴史と今を徹底解説!   記事一覧   不動産売却における負動産の問題点と処分方法について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村 朋洋 最新記事



野村 朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る