いよいよ消費税が10%に!マイホーム購入のタイミングはいつ!?

不動産コラム

20144月に5%から8%に引き上げられた消費税。

その消費税がいよいよ201910月には10%に引き上げられますが、その際最も影響を受ける事の一つが、取引額の大きい不動産売買です。

では、マイホーム購入のベストなタイミングは何時なのでしょうか。

増税前と後では購入金額にどのような変化があるのか、又様々な事情を考慮した経過措置とは何なのか解説いたしますので、参考にしていただけると幸いです。


消費税が重い


マイホーム購入の消費税が10%に①:どの部分に消費税がかかるの?


マイホームを購入する際、消費税の課税対象となるのは建物部分のみです。

土地は消費する物ではないので課税されず、また個人が売主の中古物件にも消費税かかりません。

しかし、中古物件でも売主が不動産会社の場合は、課税の対象になるので確認しておきましょう。

 

マイホーム購入の消費税が10%に②:増税による価格の変化

 

取引額が数千万円になる不動産では、2%の増税でも大きな変化があります。

例えば、建物価格が2000万円のマイホームを購入すると想定した場合、増税前と後では以下のような負担増になります。

 

増税前→2000万円×8%=160万円

増税後→2000万円×10%=200万円

 

増税前と後では消費税に40万円の差があり、決して小さい金額とはいえない負担増になってしまいます。

また、消費税は購入時にかかる仲介手数料や住宅ローンの事務手数料、登記する際の報酬などにも課税されるので確認しておきましょう。

 

マイホーム購入の消費税が10%に③:経過措置とベストなタイミング


マイホームを購入する際、まだ物件が完成していない状態や注文住宅、リフォームを予定している場合、天候や時期によっては予定よりも工事が遅れる事があります。

そうすると、工事完了や物件引き渡しも遅れるので、増税後の消費税が適用される恐れが。

この様な様々な事情を考慮した政策が経過措置で、20193月末までに売買契約を締結しておけば、増税後の10月以降に引き渡しとなっても税率は8%が適用されます。

消費税が10%になる前に購入をお考えの方は、このタイミングを逃さないように注意しましょう。


消費税がUP

 

まとめ


いかがでしたか?

消費税が10%になるとマイホームの購入費用に少なからず影響をもたらしますが、負担を軽減させる様々な政策もあるので、お得なタイミングはケースによって違います。

増税前と増税後どちらがお得かシミュレーションし、ベストなタイミングでマイホームを購入して下さいね。

私共アイナハウジングでは、川崎・横浜の不動産を多数取り扱っています。

理想のマイホーム探しをお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る