20~40坪の土地の広さごとにどれぐらいの家が建てられるのか解説

不動産コラム

物件検索はこちらをクリック↓


♪川崎市の物件はこちら♪

♪横浜市の物件はこちら♪

20~40坪の土地の広さごとにどれぐらいの家が建てられるのか解説

住宅金融支援機構の調査によると、注文住宅の坪数は全国平均が38.1坪とされています。
20~30坪のコンパクトな土地では、空間をうまく活用した家を建てるのがポイントで、土地の形状をよく理解して建築することが大切です。
そこで今回は、20~40坪の土地の広さごとにどれぐらいの家が建てられるかを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

20坪の土地に建てられる家の広さや間取り

20坪の土地は約66平米となり、畳で表すと約40畳ぐらいの広さです。
一般的な小学校の教室の広さが約63~64平米とされており、この広さの土地に建てる家は狭小住宅と呼ばれるほどの狭さではありません。
同じ敷地面積であっても、建ぺい率や敷地面積に対する容積率が用途地域や建物の形状によって異なります。
建ぺい率は30%~80%の間で定められているため、20坪の土地では最大52平米の建築面積の建物を建てることが可能となります。
20坪で敷地を最大限活用して建物を建てると、ゆとりのある2LDKや少しコンパクトな3LDKなどの間取りが多く、家族構成は3~4人くらいを目安としたサイズとなります。

30坪の土地に建てられる家の広さと間取り

30坪の土地は、柔道の公式試合に使用される試合場1つ分くらいの広さで、だいたい60~70畳ぐらいです。
30坪の土地の広さで家を建てる場合、なんでも詰め込めるほどの余裕がある広さではないため、スペースの有効活用が大切です。
たとえば、2階建て3LDKで、階段前の収納スペースや、たっぷり収納ができるウォークインクローゼットを設置する間取りも良いでしょう。
他にも、動線を意識した4LDKで、車2台分の駐車スペースを確保したり、空間を有効活用することでさまざまな間取りの建築ができます。
また、吹き抜けやリビングイン階段で、開放感ある空間を設けるのもおすすめです。

40坪の土地に建てられる家の広さや間取り

40坪の広さの土地に家を建てる場合、小さな子どものいる家庭の場合4~5人でも十分な広さとされています。
2LDKの場合は、部屋ごとにゆとりを持ったスペースの配置も可能で、LDKを一体化することで家事の作業効率アップや、家族で共有する時間が増える効果が期待できます。
駐車場やアプローチなど、屋外にゆとりを持たせることも可能で、4LDKの間取りに庭と駐車場2台分を確保することも可能です。
だたし、地価が高い傾向にある都心部の駅近にこの大きさの家を建てることは難しいため、立地条件を慎重に検討する必要があります。

まとめ

20坪などの平均よりもやや狭い土地の場合は、土地の形状をよく理解し、空間を有効活用した家を建てることが大切です。
40坪の広さがあれば、家族のニーズに応じた間取りを選択できる可能性が高いので、土地の広さを活かした家づくりにこだわってみましょう。
川崎駅周辺で不動産物件をお探しなら、株式会社アイナハウジングお任せください!
ぜひ、弊社へお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る