マイホーム購入時に確認すべき頭金とは?手付金との違いもご紹介!

不動産コラム

物件検索はこちらをクリック↓


♪川崎市の物件はこちら♪

♪横浜市の物件はこちら♪

マイホーム購入時に確認すべき頭金とは?手付金との違いもご紹介!

マイホームを購入する際に、住宅ローンを組むにあたって、頭金について確認しておく必要があります。
そもそも頭金にはどのような役割があり、いくらぐらい用意するものなのでしょうか。
今回は神奈川県川崎区・幸区・鶴見区でマイホームのご購入を検討している方に向けて、手付金との違いや頭金の相場について詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入時に用意する頭金の役割は?手付金との違いもご紹介

頭金とは、住宅ローンの借入金を抑えるために用意する自己資金のことです。
マイホームをご購入する際に、ほとんどの方が住宅ローンを組みますが、全額をローンで借りるのではなく、一部を自己資金で支払うケースが多いでしょう。
頭金を支払うことでローンの借入金額が減り、返済期間が短縮されます。
貯金しておいたり、親から援助してもらったりするなど、さまざまな方法で用意しておく方がほとんどです。
頭金とよく似たものに手付金がありますが、これは買主から売主に支払われるもので、主に契約の意思を示すお金と呼ばれています。
手付金は、購入代金の一部を支払う点では頭金と同じですが、万が一買主の都合で契約をキャンセルする場合、払った手付金は戻ってきません。
頭金にはこのような役割がないため、きちんと区別しておきましょう。

マイホーム購入時に用意する頭金の相場は?

頭金の支払いは必須ではなく、最近は頭金なしで住宅ローンを組む方も珍しくありません。
金額についても明確な決まりはありませんが、物件価格の1~2割程度を頭金として用意している方が多いです。
たとえば、3,500万円の物件を35年ローンで購入する場合、頭金1割では350万円、2割では700万円です。
頭金の金額によって、毎月の支払額や最終的な総支払額も変化するため、しっかりとシミュレーションをしたうえで決めましょう。
頭金を支払うとその分住宅ローンの返済期間も短縮されますが、緊急時のために自己資金を多めに残しておいたほうが良い場合もあります。
貯蓄をすべて頭金に回してしまうと、病気やケガで働けなくなったときの生活費がなくなってしまうため、しっかり計画を立てて頭金の金額を決めるのがおすすめです。

まとめ

マイホームをご購入する際、頭金を用意したほうが良いのか、用意するならどのくらいの金額が妥当なのか、頭金について迷う方も多いでしょう。
頭金の相場は購入金額の1~2割といわれていますが、マイホーム購入後の生活費についてもしっかり考え、無理なく支払える金額を用意することをおすすめします。
アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ当社までお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る