不動産購入後に庭に水が溜まることが判明!原因と対策をご紹介

不動産コラム

物件検索はこちらをクリック↓


♪川崎市の物件はこちら♪

♪横浜市の物件はこちら♪

不動産購入後に庭に水が溜まることが判明!原因と対策をご紹介

水はけの悪い土地だと気づかずに不動産購入し家を建てたら、雨が降ると庭が水溜まりだらけになってしまった場合は、どうしたらいいでしょうか。
不動産を見に行くのは、たいてい晴れかくもりの日なので、不動産購入後に雨が降ってからはじめて判明することもあるでしょう。
ここでは庭に水が溜まる原因と対策についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入したら雨が降った庭に異変が!水が溜まる3つの原因とは?

庭に水が溜まってしまう原因には次の3つが上げられます。

●粘土や赤土が多く含まれる地質で水はけが悪い
●地盤が硬いことや大きな石が埋まっていることで水を溜めやすい
●土地が道路より低い場所に位置している


庭の土が水を含みやすく排水しにくい粘土質や赤土だった場合、雨が降ると地面がぬかるんだり、水溜まりができたりする原因になります。
また、もともと湿地や沼地だった場所を埋め立てて宅地にした場合も、水が周囲に逃げにくく、とどまりやすい傾向があります。
それは田んぼを埋め立てて住宅地にした場合にも、当てはまるでしょう。
水を吸収しない道路やアスファルトに降った雨は、低い場所へと流れやすい傾向があります。
水を溜めやすい土地は、適度な水はけが必要なガーデニングなどには向きません。
そんな場合には、どう対処したらいいでしょうか。

不動産購入後に発覚!庭に水が溜まるときの対策とは?

土地を買う前には説明もなく、不動産購入後にその土地が水はけの悪い場所だと判明した場合には、不動産会社に連絡することをおすすめします。
依頼すれば、庭の水はけを改善するため、表面の水が枡にスムーズに流れるよう整えてくれる不動産会社もあります。
また土地の購入時に説明を受けており承知の上で購入したなら、水はけを改善するため自分で対策することも必要です。
ホームセンターで資材や道具を買ってきて、自分で対策する方法として、次の2点が上げられます。

●砂利を敷く
●水を吸って固まる土で覆う


水が溜まりやすい場所を砂利で覆うことで、水溜まりやぬかるみができないようにする方法です。
また地面を斜めに整えて傾斜をつけて排水するなら、傾斜部分に吸水しながら固まる土を敷くことで、表面排水によって庭の水が外部に排水され、水が溜まりにくくなります。

まとめ

保水しやすい粘土や赤土を多く含む土質、水を溜めやすい地盤、土地が道路より低い場所にあると水溜まりになりやすいです。
購入した不動産会社から何も知らされておらず、後から判明したのであれば、対応してもらえる場合があります。
また、砂利を敷いたり、水を吸って固まる土を撒いたりして表面排水させるという対策も有効です。
アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
新築一戸建て・建売住宅に関するご相談も、ぜひ当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る