老後に備えてマイホームを住み替えるベストなタイミングとは?

不動産コラム

子どもの独立や定年などをきっかけに、老後の生活に備えてマイホームをより住みやすい家や場所へ住み替える方が増えています。

 

今回は、住み替えについてのタイミング、新居の物件選びのポイントについてご紹介していきます。

 

マイホームの住み替えタイミング


住み替え


住み替えのタイミングは人によって、現在住んでいる住まいの種類によっても異なってきます。

 

住み替えをした家族に多い意見としては「子どもが独立した」「自分が定年退職した」「今の家が住みにくくなった」などがあります。

 

実際に住み替えをする場合は、引越し後の物件探しや、今住んでいる家の売却手配、引越しなどが必要になりますので、遅くても老後を見据えて50代、60代に検討すると良いでしょう。

 

現在の住まいが賃貸の場合は、契約更新のタイミングや退去を申し出る時期などが決められているケースが多いので契約書を確認しておきましょう。

 

自分で所有している分譲マンションや戸建てから住み替える場合は、現在住んでいる住まいの売却や賃貸で人に貸すなどの選択肢がありますので、手配の期間も考慮しておきましょう。

 

マイホームの住み替え後の場所:物件


住み替え後の場所として考えられるのは、「今の家の近く」「実家の近く」「子どもの家の近く」「全く新しい土地」などがあります。

 

今まで通り近所の知り合いや家族の近くで安心した暮らしをしたい場合は、今の家の近くや子どもの家の近くがオススメです。

 

また、住み替えを機にセカンドライフを楽しみたい場合は、自然豊かな場所や避暑地や温泉地、趣味を楽しめるエリアなどを選択するのも良いでしょう。

 

住み替え後の物件選びでは、老後を見据えて段差を無くす、浴室やトイレに手すりをつけるなど「バリアフリー」対応にすることをオススメします。

 

住み替え後は12人暮らしが多いですが、新しいマイホームの間取りとしては3LDK以上のゆとりある間取りを選ぶ場合が多いです。

 

部屋数が多い理由としては収納部屋や趣味部屋にしたり、夫婦で寝室を分けたり、孫や子どもが遊びにきた時用の部屋に活用しています。

 

マイホームの物件選びでは他にも、日当たりや交通機関への近さなどの「立地条件」や、老後に備えて周辺に病院があるかどうかなどの「周辺環境」にも注意しましょう。

 

マイホームの住み替え:自宅売却時の住宅ローン残債


今住んでいる家を売却して住み替える場合は、住宅ローンが残っているかどうかが重要になります。

 

残債がある場合は、売却した金額で残りのローンが返せるかどうかチェックしておきましょう。

 

また、住宅ローンには、ローン残債よりも住宅の価値が高く利益が出る「アンダーローン」と、ローン残債よりも売却値が低い「オーバーローン」の場合があります。

 

特にオーバーローンの場合は家を売却してもローンが残るので、抵当権が残ってしまい、簡単に売却・住み替えができないので注意が必要です。

 

すでに住宅ローンを完済していれば、自宅の売却はいつでも可能ですが、住み替えを考える場合、「現在の住まいの売却」と「住み替え先の新居」を同時に進める必要があります。

 

まとめ


マイホームの住み替えは老後の生活をより豊かにするタイミングとして大切なものですので、不動産会社などへ相談しながら、今の家の売却と新しい新居のエリア、物件選びをサポートしてもらうと良いでしょう。

 

アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の不動産物件をご紹介しております。

 

マイホームの住み替えに関するご相談も、ぜひ当社までお問合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る