【住まい改築の基礎知識】フルリフォーム(スケルトンリフォーム)とは

不動産コラム

新生活を始めるなら、できれば誰も住んだことが無いピカピカの新築物件を選びたいと考える方が多いでしょう。

しかし、新築物件は中古物件に比べて圧倒的に数が少ないのが現実です。

そのため、自分が住みたいエリアに物件が見つからないという事がよくあります。

数が多い中古物件は、自分が住みたいエリアにも物件を見つけやすいため、あえて中古物件を購入してフルリフォームし、新築感覚で暮らすという方も増えています。

今回は、中古物件購入を検討中の方に、フルリフォーム(スケルトンリフォーム)についてご紹介します。


住まいのリフォーム

 

住まいをまるごと変えるフルリフォームとは


設備や壁紙を変えるなど、部分的な改修を行う事を「リフォーム」と言います。

リフォームすることで、住まいを新築当時の使い易さ、キレイさに戻すことができます。

一方で「フルリフォーム」は、住まいの柱や梁など骨組みのみを残し、住む人の暮らしに合わせて内装や設備を丸ごとつくり変える事。

そのため外観から内装まで、今までの住まいとは全く別の建物に生まれ変わらせることが出来ます。

骨組みのみ残すことから「スケルトンリフォーム」とも呼ばれています。

この方法なら既存の間取り・構造にとらわれず、住む人の生活に合わせて間取りを変更する事が可能。

近年では低予算で中古物件を購入し、リフォームに費用をかけるという方が増えています。

理想のマイホームがつくり上げられることから、こだわりのある若い世代にも人気です。

 

フルリフォーム(スケルトンリフォーム)と建て替えの違いとは・費用


「フルリフォームをするなら、思い切って建て替えてもいいんじゃない?」

そんな風に考える方も多い事でしょう。

ここでは、フルリフォームと建て替え(再築)ではどのような点が違うのか、比較してみたいと思います。

工事の規模によって異なりますが、フルリフォームの費用の相場は1,000万円~2,000万円。

一方再築は、1,500万円~3,000万円が相場です。

再築の場合、全てを解体して新築することになるため、解体費が新築費にプラスされリフォームより割高になります。

 

フルリフォームと建て替えの違いとは・自由度と工事期間


フルリフォームは構造体を残して間取りをプランニングするため、再築の方が自由度は高まります。

工事期間は規模にもよりますが、リフォームは約3ヶ月、再築は半年程かかります。

 

フルリフォームと建て替えの違いとは・住宅ローン


多くの金融機関でリフォーム専門のローン商品があり、住宅ローンの控除も条件があえば適応されます。

ただ、リフォームローンは住宅ローンと比較すると審査条件が厳しいという特徴があります。

一方再築の場合は、新築時の住宅ローンが残っていると手続きに手間がかかるデメリットがあります。


リフォーム

 

まとめ


フルリフォームと建て替えの違いとはなにかを見てきました。

それぞれメリット・デメリットはありますが、理想のマイホームを手頃な価格で手に入れる方法として、今後もフルリフォームを選ぶ方は増えていくでしょう。

アイナハウジングでは、川崎・横浜の中古戸建て・マンションを多数ご紹介しています。

物件のフルリフォームについても、ご相談を承ります。

ご希望のエリアが決まったら、まずはお気軽にお問合せください。

ご予算や家族構成に合わせて、物件をご提案させて頂きます。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説の画像

    売れ残りの建売住宅ってどうなの?売れ残りのメリットや注意点を解説

  • アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説の画像

    アルバイトでも住宅ローンを利用できる!審査に受かるポイントも解説

  • 中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説の画像

    中古マンション購入で使える住宅ローン控除とは?条件や手続き方法を解説

  • フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説の画像

    フリーランスでも住宅ローンを組むことはできる?審査項目や注意点を解説

  • 【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介の画像

    【アイナハウジング】キッチンの床下収納とは?設置するメリットや注意点をご紹介

  • 中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!の画像

    中古住宅購入時に値引きできる?交渉しやすい中古住宅の特徴もご紹介!

もっと見る