川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却前のハウスクリーニングに関して知っておきたいポイントを解説

不動産売却前のハウスクリーニングに関して知っておきたいポイントを解説

≪ 前へ|公簿売買とは?不動産売却にあたって押さえたい基礎知識を解説   記事一覧   住宅購入前に知りたい住宅性能評価書について概要やメリットなどを解説|次へ ≫
カテゴリ:売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

不動産売却前のハウスクリーニングに関して知っておきたいポイントを解説

不動産の売却を検討しているとき、押さえておきたいことのひとつがハウスクリーニングです。
利用の有無が不動産の売れ行きにも影響するので、状況に応じてうまく活用できるよう、必要性などはチェックしておくとよいでしょう。
今回は、不動産売却前のハウスクリーニングの必要性やメリット・デメリット、費用相場などを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却前のハウスクリーニングの必要性とメリット・デメリット

不動産売却にあたってハウスクリーニングは義務ではないものの、必要性は一般的に高いです。
長年使用した家やマンションなどにはさまざまな汚れが付いており、そのまま売り出すと印象があまりよくありません。
第一印象がいまひとつの不動産は一般的に売れにくく、値引き交渉もされやすくなります。
個人の掃除で問題ありませんが、範囲が広くて手が回らず、頑固な汚れは落とせないことも少なくありません。
ゆえにプロが掃除するハウスクリーニングが一般的であり、不動産売却にはよく使われています。
ハウスクリーニングが必要ないケースは、たとえば不動産があまり汚れていない場合です。
新築して間もない住居を売るときには、個人の掃除で十分なこともあります。
建て替えやリフォームを前提に不動産を売り出す場合も、ハウスクリーニングはあまり必要ありません。
必要性はケースバイケースでもあるので、メリット・デメリットもふまえて個別に判断してください。
ハウスクリーニングのメリットは、不動産の印象がよくなるために売れやすくなる要素のひとつです。
売却価格に売主の希望も反映しやすいうえ、広範囲を自身で念入りに掃除する手間も省けます。
ハウスクリーニングのデメリットは、費用や時間がかかることです。
プロに掃除を頼むために無料とはいかず、さらに呼べばすぐに来てもらえるわけでもありません。
また、きれいに掃除できたから不動産が売却しやすくなるとは限らず、費用や時間がかかっただけに終わるリスクもあります。

不動産売却に向けたハウスクリーニングの費用負担額

ハウスクリーニングの費用はケースバイケースですが、相場はあります。
たとえばキッチン・レンジフード・浴室などの場合、それぞれ1万円~2万円かかるのが一般的です。
トイレやエアコンの掃除には1万円ほどを想定しておくと良いでしょう。
6畳の床にワックスをかけたいときは、1万円~1.5万円かかることが多いです。
このように相場はあるものの、実際にかかる費用は汚れ具合・業者・清掃プランなどによっても異なるので、個別にしっかり確認してください。

まとめ

不動産の売却にあたってハウスクリーニングは必須ではないものの、とくに汚れが目立つ物件ほどプロに清掃を頼む必要性が高くなっています。
売主にとっても一定のメリットがあるので、費用には注意しつつも不動産の売却にあたって活用してみてください。
アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
新築一戸建て・建売住宅に関するご相談も、ぜひ当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|公簿売買とは?不動産売却にあたって押さえたい基礎知識を解説   記事一覧   住宅購入前に知りたい住宅性能評価書について概要やメリットなどを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村 朋洋 最新記事



野村 朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る