川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 旗竿地の不動産売却が難しいとされるのはなぜ?うまく売却する方法もご紹介!

旗竿地の不動産売却が難しいとされるのはなぜ?うまく売却する方法もご紹介!

≪ 前へ|もめずに済ませたい!共有名義の不動産を売却する方法を解説   記事一覧   川崎市幸区の高齢者向け福祉施設とサービス内容とは?|次へ ≫
カテゴリ:売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

旗竿地の不動産売却が難しいとされるのはなぜ?うまく売却する方法もご紹介!

土地にはさまざまな形のものがあり、すべての土地がきれいな長方形や正方形とは限りません。
土地の形によっては利用しにくいことや資産価値が低いことなどがネックとなり、なかなか買手が付かない場合もあります。
今回は、そんな土地の種類のひとつ「旗竿地」について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却において旗竿地が売れにくいと言われる理由について

旗竿地とは、道路に接した路地の部分が細長く、その奥に比較的まとまった土地がある形の土地のことを言います。
ちょうど竿に付いている旗のように見えることから、このような名前がつきました。
旗竿地が売れない、売れにくいと言われるのはなぜなのでしょうか。
理由としては、以下のことがあげられます。

●間取り設計を自由に決めにくい
周囲が他の建物に囲まれていることが多く、間取り設計に制限がある場合があります。

●土地を使いにくい
駐車する場所を確保しにくい、庭として使いにくいなど、土地が使いにくくなりがちです。

●ライフラインの引き込み費用が高くなる
水道や電気などのライフラインを引き込むための距離が長くなりがちなので、引き込み費用が高くなりやすくなります。

不動産売却の際に旗竿地である場合の評価や計算について

売りにくいとされることが多い旗竿地の評価は、どうなるのでしょうか。
旗竿地の評価をするための目安となる、評価額の計算方法には次のものがあります。

評価額=路線価×奥行価格補正率×面積
道路からの奥行の影響をふまえて算出します。

評価額=路線価×間口狭小補正率×奥行長大補正率×面積
道路に接する間口が狭いため、その影響を考慮して算出します。

評価額=路線価×不整形地補正率×面積
旗竿地を不整形な土地として評価する方法です。

不動産売却したい土地が旗竿地である場合に上手に売る方法

所有している土地が旗竿地だからと言って、あきらめる必要はありません。
ここでは、旗竿地を上手に売る方法やコツを紹介しましょう。

状態の良い中古の建物が建っているままで売却する
今後しばらくの間使えそうな状態の良い建物が建っている旗竿地であれば、建築コストを節約したいと思っている買手が見つかる可能性があります。

隣の土地の所有者に売却する
隣の土地の所有者で、旗竿地と合わせることでメリットがある場合は買い取ってもらいやすくなります。

専門業者に売却する
時間がたっても買手が付かない場合は、専門の買取業者に売却する方法もあります。

まとめ

特殊な形状をした旗竿地は、間取り設計に制約があったり土地そのものが使いにくかったりすることなどが理由で、売れにくいと言われています。
状態の良い建物が建っている場合や隣の土地の所有者にメリットがある場合は、上手にアピールして売却することが可能です。
川崎駅周辺で不動産物件をお探しなら、アイナハウジングお任せください!
ぜひ、当社へお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|もめずに済ませたい!共有名義の不動産を売却する方法を解説   記事一覧   川崎市幸区の高齢者向け福祉施設とサービス内容とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村 朋洋 最新記事



野村 朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る