川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 遠方にある不動産を売却する方法とは?手続きの流れや注意点について

遠方にある不動産を売却する方法とは?手続きの流れや注意点について

≪ 前へ|横浜市鶴見区で人気のスパをご紹介!魅力や源泉の特徴とは?   記事一覧   もめずに済ませたい!共有名義の不動産を売却する方法を解説|次へ ≫
カテゴリ:売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

遠方にある不動産を売却する方法とは?手続きの流れや注意点について

不動産の売却は原則として、本人の立ち会いが必要です。
しかし遠方にあるなどの理由で、直接出向くことが難しいケースは少なくありません。
そこで今回は、遠方にある物件の売却方法や、注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

遠方にある不動産を売却する方法

相続で取得した物件や、急な転勤などで遠方にある不動産を売却したいとき、現地に出向かなくても手続きを進める方法があります。

代理契約

代理契約とは、親戚や知人など現地に出向くことができる人に売買契約書の署名・捺印を依頼する方法です。
契約時のトラブルなどは依頼人が負うため、代理人は慎重に選びましょう。

契約書の持ち回り契約

契約書の持ち回り契約とは、売買契約書を三者(売主・買主・不動産会社)で郵送しやりとりする方法です。
通常の流れは、買主が売買契約書に署名・捺印し、手付金を所定の口座に入金します。
そして売主は郵送された売買契約書に署名・捺印し、手付金が振り込まれたことを確認したうえで売買契約書を返送すると、取引が成立する方法です。

司法書士

法律の専門家である司法書士に、手数料を支払って売買契約書の作成から提出までを依頼します。
司法書士によっては、売買契約だけでなく登記手続きも請け負っている場合があります。

遠方にある不動産を売却するときの流れ

遠方にある不動産も、基本的な売却までの流れは通常の物件と変わりません。
ただし遠隔地とのやりとりには時間がかかるため、注意してください。

査定依頼

まず不動産会社に査定依頼して、物件がいくらで売れるかの目安を調べます。
その地域に精通している、現地の会社に依頼するのがおすすめです。

媒介契約の締結と売却活動

不動産会社と媒介契約を締結したら、売却活動をスタートします。
定期的に報告を受けられる(専属)専任媒介契約なら、購入希望者からの申し込み状況などを詳しく把握できます。

売買契約の締結

売買契約を締結したら、代金の決済とともに物件を引き渡します。

遠方にある不動産を売却するときの注意点

不動産を売却するときの注意点として、遠方の物件でも一度は現地に行く必要があります。
現地確認や鍵の引き渡しなどがあるので、このときに不動産会社の担当者と打ち合わせることになるでしょう。
ただし現地に出向く回数が増えるほど、時間や交通費がかかってしまうので注意してください。

まとめ

遠方に不動産を所有している方に、売却の方法や注意点をご紹介しました。
現地に行ける時間が限られているため、全体の流れをあらかじめ把握しておくことがポイントです。
遠方にある物件を売却予定の方は、弊社までお気軽にご相談ください。
川崎駅周辺で不動産物件をお探しなら、アイナハウジングお任せください!
ぜひ、当社へお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|横浜市鶴見区で人気のスパをご紹介!魅力や源泉の特徴とは?   記事一覧   もめずに済ませたい!共有名義の不動産を売却する方法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村 朋洋 最新記事



野村 朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る