中古マンションの売却でもリースバックできるか?一戸建てとの違いを解説!

売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

中古マンションの売却でもリースバックできるか?一戸建てとの違いを解説!

まとまった資金を得るために自宅を売却したいものの、そのまま住み続けたい場合は、リースバックの制度を利用するのがおすすめです。
しかし、リースバックは一戸建ての住宅を対象としていることが多く、果たして中古マンションでの利用も可能なのでしょうか。
そこで今回は、中古マンションの売却にリースバックは利用できるか、一戸建てとの違いや注意点をご紹介します。

中古マンションの売却でリースバックは利用できるか?

結論からいうと、中古マンションでもリースバックは利用可能です。
ただ、地域や不動産会社によって、マンションは利用不可としている場合もあります。
基本的に査定をクリアすれば利用できますが、人気のないエリアだったり建築基準を満たしていなかったり、賃貸借契約終了後に売却ができなかったりする物件は、審査を通過できないでしょう。
査定基準や利用可能な物件種別はリースバック事業者ごとに異なるため、対応可能な業者を見つけることが大切です。
一つの業者で断られても、別の業者で対応可能なケースは珍しくありません。

▼この記事も読まれています
不動産売却における耐用年数とは?減価償却の関係についても解説!

中古マンション売却でリースバックする際の一戸建てとの違い

中古マンションのリースバックでは、現地調査が不要です。
一戸建ての現地調査では、接道状況や建物の構造を確認しますが、マンションの場合は管理・修繕状況をチェックします。
一戸建ての住宅に比べ、マンションは正確な査定がしやすいため、調査の時間が短く済むことも特徴です。
また、中古マンションは築年数に応じた査定価格になりやすく、古い物件ほど買取価格が低い傾向にあります。
築35年で建物価値は30%まで減少するため、リースバックするなら購入から時間が経っていないほうが良いでしょう。
そして、マンションは管理費や修繕積立金など、ランニングコストがかかることも一戸建てとの違いです。
区分所有では自由に取り壊しもできないので、投資用物件としてリスクが高いといえます。

▼この記事も読まれています
駅遠の中古マンションは売却しにくい?高く売れる特徴やポイントも解説

中古マンションの売却でリースバックを利用する際の注意点

中古マンションのリースバックでは、管理組合から外れる可能性があることを押さえておきましょう。
組合員の資格を失うと、総会への参加権や議決権がなくなるため、ほかの住人に指摘されてしまう恐れもあります。
ほかにも、マンションの立地によってリースバックの条件が変わることは注意点です。
主要鉄道駅から近い、大規模修繕がおこなわれた直後など条件の良い物件は、審査がとおりやすく売却金額が高くなる可能性が高いでしょう。

▼この記事も読まれています
いわくつきの土地を売却するときの価格相場や売却方法と注意点をご紹介

まとめ

中古マンションの売却でも、査定をクリアすればリースバックが利用できます。
一戸建てとの違いは、現地調査が不要なこと、ランニングコストが高いことなどです。
マンションでリースバックをすると、管理組合から外れる可能性があることは押さえておきましょう。
川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンションの不動産売却・購入はアイナハウジングへ。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。

株式会社アイナハウジングの写真

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介の画像

    不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介

  • 不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!の画像

    不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!

  • 築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点についての画像

    築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点について

  • 近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?の画像

    近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?

  • 【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説の画像

    【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説

  • 道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介の画像

    道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介

もっと見る