太陽光発電の家は高く売れる?売却方法やコツをご紹介!

売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

太陽光発電の家は高く売れる?売却方法やコツをご紹介!

近年では、太陽光発電の普及が急速に進んでいますが、それらを導入した家は一般的な住宅と同じように売れるのでしょうか。
太陽光発電は初期費用がかかるため、売却で資金を取り戻したいと考えている方も多いはずです。
そこで今回は、太陽光発電の家は高く売れるのか、売却方法やコツをご紹介します。

太陽光発電の家は高く売却できるのか

一戸建てに搭載されている太陽光発電は、メーカーによる保証が10年〜15年付けられているのが一般的です。
設置から10年未満であればメンテナンスの心配がさほどないため、購入者にとっても大きなメリットが得られます。
また、固定価格買取制度が適用されている場合は、設置から10年間高額な売電収入が見込めるでしょう。
これは通常より高い固定価格で電力を買取してもらえる制度で、導入から10年未満なら高く売却できる可能性があります。
とくに、蓄電池つきの住宅は災害対策としても役立つため、売却時にアピールできるポイントです。
これから太陽光発電を導入予定の方は、蓄電池もあわせて設置しておくと、売却で有利になるはずです。

▼この記事も読まれています
不動産売却における耐用年数とは?減価償却の関係についても解説!

太陽光発電の家を売却する方法

太陽光発電が設置されている家を売却する方法は「家ごと売却」「新居に設備を移転して売却」「設備を解体して売却」の3つです。
まず、家ごと売却する方法は、設備の移転や解体費用をかけたくない方に向いています。
買主が太陽光発電をほしがっている場合はそのままの状態で売れるため、移転や解体の手間がかかりません。
設備の移転が必要なケースは、新居で太陽光発電を使いたい場合や設備の売電収入がほしい場合などです。
ただ、すべてのケースで移転ができるわけではなく、引っ越し先の許可や移転費用が必要になります。
買主が太陽光発電を必要としていない場合や引っ越し先に移転できない場合は、設備の解体をおこないましょう。
解体にかかる費用は20万円〜30万円と高額ですが、一般的な住宅と同じように売却できるためニーズの幅が広がります。

▼この記事も読まれています
駅遠の中古マンションは売却しにくい?高く売れる特徴やポイントも解説

太陽光発電の家を高く売却するコツ

太陽光発電の家を高く売るコツは、現在までの収支データを提出することです。
売電収入による利益が見込める物件なら、購入希望者も集まりやすくなります。
また、蓄電池とセットで売却するのもおすすめです。
蓄電池は電力を蓄えておけるので、災害時などあらゆる場面で活用できます。
しかし、設置費用は80万円~160万円で、場合によっては損をしてしまう可能性もあるため注意が必要です。
他にも、メンテナンスをしてから売却する方法があります。
設備の点検や清掃をしておけば、買主からの評価も上がるので、高値売却が期待できます。

▼この記事も読まれています
いわくつきの土地を売却するときの価格相場や売却方法と注意点をご紹介

まとめ

太陽光発電を設置してから10年未満の家なら高く売れる可能性があります。
売却の方法は「家ごと売却」「移転してから売却」「解体してから売却」の3つです。
収支データを提出したりメンテナンスを施したりすると、高く売れる確率が上がります。
川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンションの不動産売却・購入はアイナハウジングへ。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。

株式会社アイナハウジングの写真

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介の画像

    不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介

  • 不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!の画像

    不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!

  • 築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点についての画像

    築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点について

  • 近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?の画像

    近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?

  • 【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説の画像

    【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説

  • 道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介の画像

    道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介

もっと見る