3階建てが売却しにくい理由とは?スムーズに買手を見つけるポイントも解説

売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

3階建てが売却しにくい理由とは?スムーズに買手を見つけるポイントも解説

3階建ての一戸建てにお住まいで、ご自宅の売却を検討中の方もいるかと思います。
しかし3階建ての家は売却しにくいといわれていて、スムーズに売却するためには準備や対策が必要です。
今回は3階建ての家がなぜ売却しにくいといわれるのか、売却するときのポイントを解説します。

3階建ての家の特徴とは

3階建ての家の特徴として、どちらかといえば駅の近くに建っているケースが多い点が挙げられます。
住宅の高さは用途地域により制限されますが、駅から近い地域は制限が緩い商業系に該当する場合が多く、背の高い住宅を建築しやすいためです。
フロア数が多いため、狭小地だとしても延床面積が広くなりやすいことも3階建ての家の特徴といえます。
リビングを吹き抜けにしたり、屋上を作ったりすれば、高さを活かした生活がしやすいことも3階建てのメリットです。

▼この記事も読まれています
不動産売却における耐用年数とは?減価償却の関係についても解説!

3階建ての家が売却しにくい理由

先述したように魅力が多い3階建ての家ですが、売却しにくい傾向にあるといわれています。
3階建ての家は階段を使った移動機会が多く「荷物を移動させにくい」「老後に暮らしにくくなる」といった理由から敬遠されがちです。
2階、3階部分にトイレや浴室、キッチンなどの水回りがある場合は点検や修理が難しく、メンテナンスにお金がかかりがちなことも3階建ての欠点といえます。
そもそも3階建ての住宅は決して需要が高いとはいえず、ターゲットが限定的になることも売却しにくい理由のひとつです。

▼この記事も読まれています
中古マンション売却時に知っておきたい!値下げに関する基礎知識を解説

3階建ての家を売却するときのポイント

3階建ての家をスムーズに売却したい場合は、住宅内で上下の移動がしやすいようにエレベーターの設置を検討するのがおすすめです。
背の高い住宅に対して安全面で不安を抱く人も多いため、耐震診断を受けて問題がないことを証明するのも効果的です。
また、居住用としてだけでなく、事業用として売却する余地があるかどうかも検討しましょう。
民泊や介護施設、テナントとしての利用価値もある建物ならば、事業者や法人からも興味を持ってもらいやすく、購入者のターゲットを拡大できます。

▼この記事も読まれています
いわくつきの土地を売却するときの価格相場や売却方法と注意点をご紹介

まとめ

3階建ての家には「駅から近い」「延床面積が広い」「高さを活かしやすい」といった特徴があります。
しかし上下移動の頻度の多さなどが原因で、3階建ての家は売却しにくいといわれることも事実です。
エレベーターの設置を検討したり、事業用として売却できるか不動産会社に相談したりしながら、スムーズな売却を目指しましょう。
川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンションの不動産売却・購入はアイナハウジングへ。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。

株式会社アイナハウジングの写真

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介の画像

    不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介

  • 不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!の画像

    不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!

  • 築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点についての画像

    築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点について

  • 近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?の画像

    近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?

  • 【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説の画像

    【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説

  • 道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介の画像

    道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介

もっと見る