任意売却の手法のひとつ「単純売却」とは?概要やメリットを解説!

売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

任意売却の手法のひとつ「単純売却」とは?概要やメリットを解説!

通常、持ち家を売却するためにはローンを完済する必要があるものの、任意売却であればローン完済前にも不動産を売却できます。
しかし、任意売却にはいくつか手法があり、なかでも「単純売却」はよく採用される手法であるため、事前に詳細を知っておくと良いでしょう。
今回は単純売却の概要やメリット、単純売却を選択する場合の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却手法のひとつ「単純売却」の概要とは?

単純売却は、住宅ローンの残高よりも売却価格が低くなるケースでも一般の不動産市場で持ち家を売却できる制度です。
通常は売却額でローンを完済しなければ家を売却できませんが、金融機関が単純売却にメリットがある(残債を減らすことで残りの金額を回収しやすくなるなど)と判断し、売却に合意した場合にこの制度を利用できます。
「任意売却」には単純売却以外にも親族に家を売る方法、その後も家に賃貸借契約で住み続ける「売却後賃貸」といった方法がありますが、単純売却がもっともシンプルな方法と言えるでしょう。

任意売却手法のうち単純売却を選ぶメリットとは?

単純売却が多くの方に選択されている理由は、一般の不動産市場で買い手を探すことにより売却額がもっとも高くなりやすいというメリットがあるためです。
債権者にとっても、家が高く売れたほうがローンの残債が少なくなるメリットがあります。
一方、親族に家を売るといった方法とは違い、簡単に買い手を見つけられない可能性がある、家を売るまでに時間がかかるといったデメリットもあります。
買い戻し・売却後賃貸などその家に住み続ける選択と異なり、引っ越しなどの出費をしなければならない点もデメリットと言えるでしょう。

単純売却を選ぶ場合の注意点とは?

単純売却は一般市場で買い手を探すため売却期間が長引きやすく、いかにスムーズに売却手続きを進めるかが大切になってきます。
早く買い手を見つけるためには、紙の資料だけで物件の概要や間取りを知ってもらうだけでなく、内見で実際の部屋を見てもらう必要があります。
そのため単純売却をするならできるだけ早く引っ越し先を見つけ、家具・家電などの荷物をすべて引き払い内見に備えなければなりません。
部屋に荷物が残っていて生活感があると、内見の印象が悪くなってしまうためです。
内見時に部屋に荷物がなくきれいな状態であるほど高い金額で売れやすく、単純売却後に残債を返す上でも有利になります。

まとめ

単純売却は売却期間が長引きやすく、内見や引っ越しに備えなければいけないといった注意点がありますが、高い売却価格が期待でき残債を返しやすくなる大きなメリットがあります。
ローンを払えず強制的に競売にかけられたり自己破産に追い込まれたりする前に、世帯の経済状況を立て直すための選択肢と言えるでしょう。
株式会社アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介の画像

    不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介

  • 不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!の画像

    不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!

  • 築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点についての画像

    築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点について

  • 近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?の画像

    近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?

  • 【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説の画像

    【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説

  • 道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介の画像

    道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介

もっと見る