相続土地国庫帰属制度とは?その概要とメリット・デメリットについて解説

売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

相続土地国庫帰属制度とは?その概要とメリット・デメリットについて解説

遠くに住んでいて使い道がないことや管理が難しいといった理由で、相続した土地を手放したいと考える方が増えています。
そのような土地が放置されることを阻止するため、2023年から相続した土地の所有権を国に返せるようになりました。
今回は、相続土地国庫帰属制度とは何か、またその概要とメリット・デメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続土地国庫帰属制度の概要とは?

相続土地国庫帰属制度とは、相続などによって土地を手に入れた方が、その土地の所有権を国庫に帰属させられる制度です。
一定の要件を満たしている必要はありますが、いらない土地を相続してしまっても、一定の負担金を納入すれば国にその土地を引き取ってもらえます。
この制度の制定前に相続している土地についても対象となりますが、場合によっては国庫への帰属が認められないことも多いので注意が必要です。
たとえば、建物が建っている土地や担保権が設定された土地は、国に引き取ってもらえません。
なお、相続土地国庫帰属制度が開始されるのは、令和5年4月27日からです。

相続土地国庫帰属制度を利用するメリットとは?

いらない土地を売却するためには買い手を探す必要があり、多くの時間と手間を要するものです。
しかし、相続土地国庫帰属制度を利用すれば、自分で売却相手を探す手間が省け、そのうえ国が相手であるため信用がおけるというメリットがあります。
また、相続放棄とは異なり、プラスになる財産は相続して、いらない土地だけを手放すことも可能です。
さらに、売却するにはやっかいな農地や山林も、宅地などと同様にこの制度の対象となります。
要件を満たしていないことを隠していた場合などを除き、損害賠償責任を問われず限定的であることもメリットのひとつです。

相続土地国庫帰属制度を利用するデメリットとは?

いらない土地を国に引き取ってもらうには、一定額の負担金を納付しなければなりません。
一般的な売却であれば売却価格を自分の資産にできますが、いらない土地を手放すためにお金を支払う必要があることはデメリットといえます。
また、土地の管理を国に引き継ぐまでは時間がかかり、その間は自分で管理し続けなければならないのもデメリットのひとつです。
書類審査だけでなく現地調査も必要だと見なされるとさらに時間がかかるため、売却してしまったほうが良い場合もあります。
そのうえ、申請や国による審査に時間や手間がかかることもデメリットです。
手数料を支払えば書類の作成は弁護士や司法書士などに任せられますが、共有名義の土地の場合はほかの持ち主とも話し合わなければなりません。

まとめ

相続土地国庫帰属制度とは、相続したいらない土地を国に引き取ってもらう制度です。
売却相手を自分の力で探す必要がなく、国が相手であるため安心である点がメリットです。
しかし、書類調査や現地調査にお金がかかることなど、デメリットもあるので注意が必要です。
株式会社アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介の画像

    不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介

  • 不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!の画像

    不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!

  • 築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点についての画像

    築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点について

  • 近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?の画像

    近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?

  • 【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説の画像

    【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説

  • 道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介の画像

    道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介

もっと見る