日当たりの悪い家が売却価格に与える影響とは?売却するときのコツもご紹介

売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

日当たりの悪い家が売却価格に与える影響とは?売却するときのコツもご紹介

日当たりの悪い家の売却を検討している方のなかには「価格に悪い影響があるのではないか」という懸念を持っている方も多いです。
実際、日当たりが悪い家は売却価格に影響を及ぼす可能性が高いです。
この記事では、日当たりの悪い家が売却価格へもたらす影響やメリット、売却のコツを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

日当たりの悪い家が売却価格に与える影響

日当たりの悪い家は、一般的な家よりも低い価格で売却される可能性が高いです。
部屋が暗くなりやすく、昼間でも電気が必要になったり、洗濯物が乾きにくいなどのデメリットがあります。
しかも、冬場は室温が上がりにくく、寒さに悩まされることも多いです。
このようなデメリットがあるため、日当たりの悪い家は敬遠されやすく買い手が見つかりづらい傾向があります。
日当たりの悪い家は一般的な家と比較して売却価格が安くなるだけでなく売却に時間がかかる可能性もあるため注意が必要です。

日当たりの悪い家のメリット

日照時間の短さを不便に思う方もいるかもしれませんが、日当たりの悪い家にはメリットもあります。
まず、夏は直射日光が当たらないので蒸し暑くなく、家具が日焼けしにくい点です。
次に、看護士や工場勤務の方など夜勤勤務がある方は日中に寝ることになるため、日当たりの悪い家では日差しを気する必要がありません。
日当たりの悪い家にもメリットはあるため、そのような点をうまくアピールすることで売却がスムーズにできる可能性があります。
売却する際は買主に対してメリットについてもアピールするようにしましょう。

日当たりの悪い家を売却するコツ

日当たりの悪い家の売却を成功させるコツは主に3つあります。
1つ目は内覧時に間接照明を使用して、明るい印象を与えることです。
照明で明るくすれば、日当たりが悪いという印象を変えられるでしょう。
2つ目のコツは掃除です。
掃除が行き届いていれば部屋がすっきり見えるので、買主に好印象を与えられます。
3つ目はターゲットを絞ることです。
日当たりを気にしない方や、日当たりが悪いことをメリットだと判断する買主を見つければ売却できる可能性が高まります。

まとめ

この記事では日当たりが悪い家が売却価格へもたらす影響やメリット、売却のコツを解説しました。
日当たりが悪いことはデメリットだけでなく、家具焼けが起きにくいなどのメリットにもなります。
そういった点をうまくアピールすると相場価格に近い価格で売却でき、スムーズに売却できるでしょう。
株式会社アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。

株式会社アイナハウジング スタッフブログ担当

川崎市、川崎区をメインに土地・一戸建て・マンションの購入、売却、賃貸の仲介、管理を行っている地域密着型の不動産会社です。株式会社アイナハウジングとして、このブログでユーザーの方に有益な情報を提供していきます。


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却お役立ちコラム”おすすめ記事

  • 不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介の画像

    不動産売却の査定書の見方は?見るべきポイントもご紹介

  • 不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!の画像

    不動産売却時のライフラインを解約するタイミングは?注意点も解説!

  • 築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点についての画像

    築10年の一戸建ての売却相場は?売却のコツや注意点について

  • 近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?の画像

    近隣トラブルのある不動産を売却したい!告知義務やリスクはある?

  • 【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説の画像

    【アイナハウジング】不動産を割賦販売で売却するメリットとは?デメリットも解説

  • 道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介の画像

    道路に面していない土地とは?種類や売却方法をご紹介

もっと見る