川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 新築の家をすぐ売却するケースとは?早期売却がおすすめの理由や注意点も解説

新築の家をすぐ売却するケースとは?早期売却がおすすめの理由や注意点も解説

≪ 前へ|5つの土地評価額の特徴や調べ方についてご紹介   記事一覧   不動産売却における査定とは?自分で相場を調べる方法や査定の種類も解説|次へ ≫
カテゴリ:売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

新築の家をすぐ売却するケースとは?早期売却がおすすめの理由や注意点も解説

さまざまな事情により、新築の家を購入したばかりですぐ売却しなければならないこともあるでしょう。
新築の家を売却するのであれば、できるだけ早く動くのがおすすめです。
今回は新築の家を高く売る方法やすぐ売却する理由・売却する際の注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築の家を高く売るなら早期売却が良い理由 

購入したばかりの家の売却を検討するなら、できるだけ早期に売るのがおすすめです。
新築や築浅の物件は不動産を探している方々の間で人気が高いため、新しければ新しいほど高値で売却できる可能性がアップします。
不動産の価値は、築年数が経過するごとに低下していくのが一般的です。
築10年での資産価値は、一戸建ては購入時の半分、マンションの場合でも2割減になるといわれています。
地価が上昇している時期なら高く売れる可能性もありますが、地価の上昇がいつまで続くかはわかりません。
そのため新築を手放すことを検討しているなら、今すぐ売却したほうが良いのです。

新築の家をすぐ売却する理由にはどのようなものがあるのか?

新築を売却する理由としてとくに多いのが、離婚や転勤でその家に住み続けられなくなるケースです。
また病気やリストラなどが原因で収入が減り、住宅ローンを返済できなくなることも、新築を手放す理由として考えられます。
しかし購入者からすると新築の家が売りに出される理由に不安を感じる方も多く、物件に何か欠陥があるのではないかという疑いを持っても仕方ありません。
そのため購入者には、売却理由を正直に伝えるようにしましょう。
売却理由が近隣住民とのトラブルや物件の欠陥である場合は、購入希望者が少なくなる可能性もあります。
しかし事実を隠したまま売却して、あとから損害賠償を請求されるような事態になると困るため、十分注意が必要です。

新築住宅を売却する際の注意点 

注意点として、新築物件の定義について確認しておくことをおすすめします。
新築物件として取り扱われるのは、建ってから1年以内でまだ誰も住んだことがない物件です。
たとえ1年経過していなくても誰かが住んだことがあれば築浅物件として扱われるため、売却価格は下がると考えましょう。
また住宅ローンを利用して購入した住宅は、ローンを完済してからでないと売却できません。
オーバーローンの状態だと不足分を自己資金から補わなければならないので、家の売却相場を事前に確認しておくのがおすすめです。
同時に瑕疵担保責任についても確認しておく必要があります。
売却した物件に何らかの瑕疵があった場合、買主から契約解除や損害賠償を求められてしまう可能性もあるためです。

まとめ

新築の家をすぐ手放すことになったときは、少しでも早く売却したほうが高値での取引が期待できます。
売却時や売却後にトラブルが起こらないように、新築物件の定義や住宅ローンについての注意点などを確認しておくようにしましょう。
株式会社アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
新築一戸建て・建売住宅に関するご相談も、ぜひ弊社までお問い合わせください。

≪ 前へ|5つの土地評価額の特徴や調べ方についてご紹介   記事一覧   不動産売却における査定とは?自分で相場を調べる方法や査定の種類も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村 朋洋 最新記事



野村 朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る