川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における地盤調査のメリット・デメリットとは?

不動産売却における地盤調査のメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|不動産売却前のハウスクリーニングについてご紹介!   記事一覧   川崎市川崎区の福祉って?暮らしやすい地域選びに役立てたい福祉計画を解説|次へ ≫
カテゴリ:売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

不動産売却における地盤調査のメリット・デメリット

土地や建物を手放したい方の多くは、できるだけ高値で売りたい願望を抱いているのではないでしょうか。
少しでも高値で手放したいのなら、ある程度手間をかけることは大切です。
本記事では、不動産売却前の地盤調査とは何か、必要性の有無などについて解説をします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却前の地盤調査とは?

不動産売却前の地盤調査とは、文字通り地盤の調査を指します。
地盤を調査することにより、地盤の強さや液状化の可能性、地質の現状、土壌汚染の有無、地中に埋設されているものなどを把握できます。
地盤の調査は、専門的な知識や技術、機器を要するため、素人にはできません。
そのため、基本的には専門家に依頼をします。
具体的な調査の方法としては、スウェーデン式サウンディング試験やボーリング試験、表面波探査法などが挙げられます。
戸建て住宅の地盤を調査するときには、スウェーデン式サウンディング試験がもっともよく用いられています。
それぞれの手法によって、調査が可能な土地の深さや内容が変わってくるため注意してください。

不動産売却前の地盤調査は必要なのか

不動産売却を検討している方にとって、もっとも気になるのは地盤調査が必要なのかどうかではないでしょうか。
絶対にしなくてはならない、といったことはありませんが、トラブルを回避するのに有効なのは事実です。
調査をせずに売ってしまい、あとから土地に汚染や液状化などが見つかると、大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。
調査を怠ってしまったばかりに、賠償請求されてしまった、といった事例もあるため、注意しなくてはなりません。
調査をきちんとしておけば、買い主の信頼を得ることができ、高値で売却することも可能です。
調査により、安心安全な土地であることを証明できるため、高値もつきやすいのです。
取り引き後にトラブルが発生するリスクも回避できるため、できるだけ調査はしたほうがよいでしょう。
気になる費用ですが、依頼する業者やどのような手法で調査するかによっても変わるため、注意しなくてはなりません。
たとえば、スウェーデン式サウンディング試験であれば、5~6万円が相場ですが、業者によってはもっとかかる可能性もあります。
必ず事前に見積もりは提出してもらいましょう。

まとめ

不動産売却における地盤調査とは何か、必要性も併せて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
絶対にしなくてはならないものではありませんが、実施したほうが買い主の信頼を得ることができ、高額で売却できる可能性が高まります。
デメリット以上にメリットが大きいため、できれば実施したほうがよいでしょう。
アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|不動産売却前のハウスクリーニングについてご紹介!   記事一覧   川崎市川崎区の福祉って?暮らしやすい地域選びに役立てたい福祉計画を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村 朋洋 最新記事



野村 朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る