川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 古い住宅のある不動産を古家付き土地として売却するメリットやコツとは

古い住宅のある不動産を古家付き土地として売却するメリットやコツとは

≪ 前へ|不動産売却時の住民票移動手続きで知っておくべきこと   記事一覧   マイホーム購入時に確認すべき頭金とは?手付金との違いもご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

古い住宅のある不動産を古家付き土地として売却するメリットやコツとは

築年数を多く重ねた住宅を土地とあわせて売却したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このケースでは建物部分に価値が見出しにくく、建物を事前に取り壊すことがよく検討されるものの、撤去が必須ではありません。
古家付き土地と呼ばれる、現在の状態で不動産を売る方法があるので、ぜひご活用ください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を古家付き土地として売却するメリットやデメリット

古屋付き土地として売却すると、建物を事前に取り壊す費用や手間を省けます。
また、どれだけ古くても建物があれば空き地にはならないため、売却期間が長引いて所有者に固定資産税が課されるときにも、税額を軽減できます。
建物を取り壊さずに売り出せば、一部の買い手から好まれる点もメリットです。
価値観は人それぞれであり、古い住宅を好む方もいるのです。
空き地にして売り出すときよりも、買い手が住宅ローンを利用しやすいこともメリットに挙げられます。
さらに、価値を見出しにくいほどに建物が古いと、建物の瑕疵の責任を売主があまり問われません。
売主が瑕疵に対して一切の責任を負わないことを取り決める一文も、契約書に盛り込みやすいです。
その一方で、敷地に古い住宅などがあると、買い手はどうしても減ります。
何十年も昔に建てられたボロボロの家などが建っている不動産は、築年数が浅い中古住宅に比べ、どうしても魅力が劣るからです。
そのほか、古い建物は購入後に取り壊す買い手も多いため、解体費用分の値引きが必要なことも多いです。

不動産を古家付き土地として売却するコツ

古い建物のある不動産をそのまま売却するときは、物件の第一印象をしっかり改善しておくことが大事です。
ボロボロの建物があるからといって、そこかしこにゴミや不用品が転がっていたり、雑草が大量に生えていたりしてもよいわけではありません。
不動産の印象を少しでも良くするため、ゴミや不用品などはできるだけ処分し、雑草なども抜いておきましょう。
そのほか、隣接する土地との境界線を明確にしておくことも、古家付き土地を売却する際の大事なコツです。
隣接地との境界が曖昧な土地は将来トラブルになりやすく、一般的に敬遠されます。
信頼のおける境界線を記した確定測量図があれば、不動産の売却時にアピールするとよいです。
古くから所有している不動産で、隣接地との境界が曖昧なら、売却にあたって確定測量図を作っておくと少しでも売れやすくなります。

まとめ

古い家などが建つ不動産をそのまま売り出すと、売主が建物を解体する手間や費用を省けるなど、さまざまなメリットを得られます。
ただ、古い建物があるせいで売れにくくなるといった一面もあるので注意が必要です。
実際に売り出す際には、不動産の第一印象を良くするなどのコツも押さえてください。
川崎駅周辺で不動産物件をお探しなら、アイナハウジングお任せください!
ぜひ、当社へお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時の住民票移動手続きで知っておくべきこと   記事一覧   マイホーム購入時に確認すべき頭金とは?手付金との違いもご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村 朋洋 最新記事



野村 朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る