川崎区を中心に川崎市の一戸建て・マンション・不動産のことなら株式会社アイナハウジング > 株式会社アイナハウジングのスタッフブログ記事一覧 > ひび割れがある不動産は売却できる?賢く売るポイントをご紹介!

ひび割れがある不動産は売却できる?賢く売るポイントをご紹介!

≪ 前へ|不動産探しで見かける「タウンハウス」とは?購入するメリットもご紹介   記事一覧   もう売れないのでは? 液状化した土地は不動産売却できるのか|次へ ≫
カテゴリ:売却お役立ちコラム

ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

ひび割れがある不動産は売却できる?賢く売るポイントをご紹介!

不動産を売却するにあたって、ひび割れが発生していることに気づいた場合「売れないのではないか?」と不安に思う方は多いでしょう。
状況によっては売却価格にさほど影響しない場合もあるため、あきらめずに確認してください。
今回は、ひび割れの箇所による売却価格への影響度や、ひび割れがある物件を売却する際のポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ひび割れがある不動産は売却できるのか?箇所による違いを解説

「ひび割れがある不動産は売れにくい」というイメージがありますが、必ずしも売却しにくくなるわけではありません。
ひび割れが発生している箇所や程度によっては、売却に何の影響も及ぼさないこともあるのです。
たとえば、内壁のひび割れは建物の構造や劣化によって発生するものではないため、売却には影響しません。
問題になりやすいのが、基礎や外壁にできたひび割れです。
基礎の場合は幅0.5mm以上、もしくは深さが20mm以上あるひび割れは家の構造への影響があると判断され、売却価格が安くなる傾向があります。
外壁にひび割れがある場合も、下地材にまでおよんでいる場合は、雨水が浸入して建物内部の腐敗やサビなどを招く可能性があるため、売却価格にも影響が出るでしょう。
つまり、売却に影響するかどうかは、ひび割れが建物の構造にダメージを与える可能性があるか否かが関係してくるということです。

ひび割れがある不動産を売却する際のポイントは?

「ひび割れがあるとトラブルになるのでは?」と不安な場合は、事前にホームインスペクションを受けておくとよいでしょう。
ホームインスペクション(住宅診断)によって不動産の状況を正確に伝えられるため、買い主は安心して購入を検討できるでしょう。
また、ひび割れを補修してから売却する方法もあります。
もちろん修繕費用はかかりますが、修繕履歴を残すことで売主に対する信頼度が高まり、買い手が見つかりやすくなります。
ひび割れが原因で買い手が見つからない場合は、不動産会社に買取してもらうことを検討することもおすすめします。
買取だと売却価格は安くなりますが、いつ売れるかわからず不安を抱えているより、すぐに現金化できるほうを選択したいと考える方も多いのではないでしょうか。
仲介手数料がかからないため、考え方によってはメリットの大きい方法といえます。

まとめ

外壁などにひび割れが発生していても、「売却できない」とあきらめる必要はありません。
ホームインスペクションを受けたり、修繕してから売却したりすることで、特にトラブルもなくスムーズに不動産を売却できる可能性は高まるため、検討してみるとよいでしょう。
アイナハウジングでは、不動産売却を行っております。
不動産売却に関するご相談も、ぜひ当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産探しで見かける「タウンハウス」とは?購入するメリットもご紹介   記事一覧   もう売れないのでは? 液状化した土地は不動産売却できるのか|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

野村朋洋 最新記事



野村朋洋

生まれも育ちも川崎です。 豊富な経験と知識を生かしお客様のベストな物件をご紹介いたします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る